ワイヤレス防火ペアガラス

万一の火災時に延焼を防ぐ
道路に面した部屋、寝室、玄関など、外からの視線を遮りたい場所で「延焼のおそれのある」開口部に、これまでの網入型板ガラスの代わりにワイヤレス防火ガラスをご採用いただけます。
これまでの網入型板ガラスを使用した複層ガラスと比較するとワイヤレスで薄型・軽量。サッシの開閉も安易です。さらに熱割れの心配もありません。

防火ガラスの使用規定

建築基準法では、次の部分で防火ガラスを使用するように定められています。
1.防火地域や準防火地域に建設される建物の外壁に面した開口部のうち
  延焼の恐れのある部分。
2.耐火建築物や準耐火建築物の外壁に面した開口部のうち、
  延焼の恐れがある部分。

延焼の恐れがある部分とは、道路の中心線、または隣地との境界線、
または、建築物相互の外壁間の中心線から、2階以上では5m以内、1階では3m以内の部分をさす。