断熱フロントガラス 「クールベール」 旭硝子㈱の製品

快適な車内環境を実現するクールベール

断熱フロントガラス「クールベール」は純正ガラスを数多く製造している旭硝子㈱が日本国内で製造しています。
中赤外線(IR)と紫外線(UV)の両方をカットし、さらに快適な車内を実現します。2002年日経優秀製品・サービス賞で最優秀賞に輝いています。また、エコガラスとしても注目されています。
UVカット率99%とIRカット率90%以上という大きな特徴にプラスして西日によるまぶしさを防ぐパープルブルーのボカシを標準装備。これは西日によるまぶしさを防ぐという効果があり、同時に純正フロントガラスとは違う個性を出したい方にもお勧めです。
こんな純正フロントガラス以上の性能をもったクールベールが純正フロントガラスよりお値打ちに交換できます。興味をもたれた方はぜひ当店にご連絡ください。 クールベール特集「自動車ガラスにもエコ」はこちらから

お子様も安心 日差しのジリジリ感をカット!

ドライブ中の最大の敵である、窓から差し込む
日差しのジリジリ感をカットします。
これで、お子様との長時間のドライブも安心。

経済的、快適車内 エアコンの効きが早くなります

エアコンへの負担が減り、クールダウンまでの
時間の短縮につながり、燃費が向上し、
とっても経済的。

炎天下でのハンドルの温度上昇が抑えられます

炎天下の中、ちょっと車を駐車して戻ってくると
ハンドルが熱くなって不快な思いをしたことは
ありませんか?そんな悩みもこれで解決。

クールベール装着車の実例

クールベールを装着した車です。
この型のトヨタ ヴィッツは純正フロントガラスにはボカシ設定がないためドレスアップとしても際立ちます。

パープルボカシを外から拡大して見た画像です。
ボカシの幅がありすぎると車検をパスできないのではないかと思われる方もいますが、車種によって計算された、車検に合格するボカシ幅です。
ご安心ください。

車内から見たパープルボカシの画像です。
通常、ボカシというと緑のボカシが多いのですが、クールベールのパープルブルーボカシの色は緑のボカシより色が濃くみえます。
まぶしさ防止という意味でも効果を発揮するのがわかります。

クールベールに刻印されているロゴマークです。
通常、TOYOTAなどのカーメーカーのロゴが刻印されている位置に「Cool verre」と大きく商品名が刻印されます。
もちろん純正フロントガラスと同様に旭硝子㈱のガラスメーカーロゴも一番下に刻印されています。
また、JIS規格も刻印されています。

クールベールの補足

1.クールベールは中赤外線(IR)カットですが、オービス(自動速度取締機)に対応しています。
2.光ビーコン(VICSナビゲーション)やETC(有料道路の料金所をノンストップで通過可能なシステム)に対応しています。
3.各種規格(JIS、保安基準等)に対応しており、車検にも問題ありません。

安心ガラス保証対象商品

クールベールは安心ガラス対象商品です。
当社でフロントガラスを交換され、「安心ガラス補償」に登録されると、万一予期せぬ事でガラスが破損しても2回目交換時のガラス代は無料です! 詳しくはこちらから