窓ガラスの結露対策

寒い季節や梅雨などの時期になると窓ガラスが結露しているところをよく目にします。
結露の正体は、空気中に漂っている水蒸気です。
空気が保有できる水蒸気の量は「温度」によって決まっていて、温度が高いほど多くの水蒸気を包含することができます。そのため、温度低下とともに保有できる水蒸気の量は減少し、空気中に含み切れなくなった水蒸気が「水滴」というカタチとなって現れます。
毎日のように窓が濡れていると、掃除が大変だし、水滴だから害はないのでは、とそのまま放置している方も多いのではないでしょうか?しかし、結露したガラスを放っておくと、

(例1)壁・カーテンなどにシミやカビが発生する
(例2)湿度を好むダニが繁殖、それに伴いアトピーやぜんそくを発症する
(例3) 柱や土台などの木材を腐食させ、住宅の寿命を縮める

など、結露は、あなたの快適な住まいや生活をおびやかす危険性をもっています。家族の健康や大切なわが家を守るために窓ガラスの結露対策は必要です。
窓ガラスの結露は、暖かい空気に含まれている室内の水蒸気と、外気で冷えた窓ガラスが接触して起こります。接する相互の温度差が大きいほど、結露の量も多くなります。そのため、窓ガラスが結露しやすいのは、家の中で外気と室内の温度差の影響をもっとも受けやすい場所だからです。
窓ガラスの結露を防ぐ最大のポイントは、断熱性を高めること。
そのためには、外気の影響を受けにくい窓ガラスに取り替えることです。
先ほどもお話ししたように、結露は室内との温度差がある窓ガラスと水蒸気が接触して発生します。
そこで、窓ガラスを2枚にして、間に空気の層をつくり、熱の移動を妨ぐことで断熱効果を上げ、結露を防ぐ方法が効果的です。
2枚のガラスの間に乾燥空気層を密封したペアガラスや、熱の放出を抑制する金属膜をガラスにコーティングしたLow−Eガラスを用いたエコガラスなら室内側ガラスの温度低下を抑え、室温との差を小さくし、結露をずいぶん減らすことができます。 エコガラスとは

結露を抑えるための工夫

結露の原因である水蒸気は、生活のいたるところで発生しています。
水蒸気を発生させない・発生した水蒸気をすみやかに追い出すことが、結露対策のポイント。
身近にできることから始めましょう。